独身・単身になった中高年が再婚を成功させるポイント3つ!

疲れ目サラリーマン


独身(単身)になった中高年が再婚したいと思っても、なかなか自然と再婚に繋がるような機会は巡ってこないものです。

それもそのはずで、人は50代・60代にもなると自然と出会いの機会は減ってきます。中高年が再婚するためには、自分できっかけ作りをしていくことが大切です

今回はそんな独身の中高年が再婚するための、きっかけ作りのポイントをご紹介していきたいと思います。



意識的に出会いの機会を作る


出会いが普段の仕事や友達関係の中で不足しているなら、やはり出会いを作っていくことが大切になります。

意識的に出会いの場に出かけ、異性と出会う機会を持つようにしましょう。具体的には、

  • 婚活サイト
  • 結婚相談所
  • 婚活パーティー

これらの出会いの場がおすすめです。特に婚活サイトは非常に多くの年代の男女が利用するため、同年代の人とも出会いやすいという特徴があります。

一つ一つの出会いを大切にする


人は大人になるとどんどん慎重派になり、試したり挑戦したりする気持ちが薄れていくといいます。そんな姿勢は、実は婚活にも影響してくるのです。

中高年にもなると、良さそうな相手がいても「でも実際に会ってみたら拒絶されたりしそうだし…」などとしのごの考えてしまう人が多いです。

そんな消極的な姿勢のせいで、せっかくの出会いのチャンスを無駄にしてはもったいないですよね。

ただでさえ出会いが不足している状況であることを認識し、ぜひ目の前にある出会い一つ一つを大切にしていってください。


離婚原因を見直す


離婚して単身者となった人は、ぜひ再婚成功のために以前の離婚原因を見直すことを忘れないでください。

なぜなら、離婚原因を見直さないで再婚をした人は、また同じ結果を辿ることが多いからです。特に自分に非があって別れたのならなおさらでしょう。

ただでさえ離婚歴のある人は、相手から「なぜ離婚したのか」という点で勘ぐられやすいので気をつけましょう。

ぜひ二の轍を踏まないように、欠点や悪い癖を見直したうえで婚活に臨んでください。

まとめ


独身になった中高年が婚活を成功させるには、出会いに積極的になり、その出会い一つ一つと向き合っていくこと、そして離婚原因はしっかりと見直しておくことが重要になります。

特に出会いの機会を積極的に持つこと、このことは絶対に外してはおけないポイントです。中高年で再婚を臨む立場であるということは、それだけ再婚が少し難しい状況であることを認めましょう。

そしてそのうえで、出会いの分母を増やしていくことが大切なのです。